× CLOSE

やってはいけないキャンプの4大マナー サイト侵入・騒音・ゴミ捨て・直火

自由だからこそ守りたいキャンプのマナー

20161019_tokoro_manner_003

自然のなかの静かな環境でふだんとは違うゆったりとした時間を楽しむのがキャンプの魅力のひとつ。何にも縛られない開放感、最高ですよね。野外フェスの流行やアウトドアブームによって、キャンプ場にもさまざまなお客さんが来るようになりました。そうすると耳にするのがマナー問題。自由に見えるキャンプだからこそ、実は気をつけないといけませんね。自分も周りのキャンパーも気持ち良く過ごすために、ちょっとした心がけが必要です。

知らない人のサイトに侵入しない

20161019_tokoro_manner_006

テントを張ったサイトの区画は、ある意味、我が家の敷地と同じ。そこに陣取ったキャンパーのプライベート空間なので、通り道にしたり勝手に侵入するのは避けること。柵がないキャンプ場も多いが、区画分けされているところでは、ロープや目印の石などがあるので、注意して確認しよう。

20161019_tokoro_manner_007

また、特に区画がないフリーサイトの場合でも、ある程度、自分たちのテリトリーはあるもの。例えば、テントを張って、近くにタープを設営しているようなケースでは、テントとタープの間は通らないようにするなど、注意が必要だ。野外フェスなど、テントやタープが密集しているときはテリトリーの範囲がわかりづらいことも多いが、よく見ればそれぞれの空間は見えてくるもの。

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 宮崎で素敵な暮らし方を見つけました

    宮崎で素敵な暮らし方を見つけました
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. 「ゼログラム(ZEROGRAM)」の軽量タープを使ってみた

  2. アウトドアで思いっきりドローンを飛ばせるチャンス! 『ジャパン・…

  3. 新規オープンの「ヴィクトリア 青山外苑前店」では、世界でひとつだ…

  4. アドベンチャーこそアウトドアの醍醐味?! 日本最大級の冒険の森「…

  5. フライフィッシングの聖地で自然との対話をラグジュアリーに楽しむ「…

おすすめ記事

  1. 今が行きどき! 広島の絶景”穴場&王道”紅葉スポット3選

  2. 製品の世界観を表現した「THE NORTH FACE SUMMI…

  3. アウトドアウォッチを買うなら、やっぱガーミンの最新モデルInst…

  4. クラークス×ランドローバー!ゴアテックス搭載の話題コレクション登…

  5. まるで一幅の絵画のよう! 美しすぎる紅葉スポット3選【兵庫県】

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.