× CLOSE

【体験レポ】Ankerの最新ソーラーチャージャーはキャンプで最強の充電器!?

モバイルバッテリーはキャンプでも必須用品に!

最近のキャンプはLEDライトやBluetoothスピーカーなどが急速に普及して、アウトドアで手軽に使えるデジタルガジェットが増えて、より楽しい時間が過ごせるようになった。一方で、これらに給電できる場所は依然として少なく、スマホの充電も必要となると給電方法がとても重要になってくる。

そこで必要なのがモバイルバッテリー。街中でもふだんから使うコンパクトなものから、災害時でも便利な大型バッテリーも登場し、キャンプでも利用者が急増している。

なかでも、モバイルライフ パートナーブランド「Anker(アンカー)」のバッテリーはキャンプでも便利と大人気! 今回は、ソーラーチャージャー「PowerPort Solar 60」がキャンプでどのくらい便利なのか、実際に使って試してみた。

Ankerのソーラーチャージャーを試してみた

Ankerは、現在3製品のソーラーチャージャーを販売しており、「PowerPort Solar 60」は今回で4品目の販売。こちらは約295×170×62mmの収納サイズで、A4サイズに近い大きさ。上部にハンドルが付いているので、持ち運びもしやすい。

展開サイズは約860×700×5mmで、ソーラーパネルは全9枚を搭載。「Anker PowerPort Solar」のソーラーパネルは3枚だったので3倍の数!

1枚のサイズは、同ブランドのポータブル電源「PowerHouse」(写真右上)1台分。同製品がいかに大きいかがわかるだろう。

「PowerHouse」隣にあるケースの中には給電ポートが入っており、ここにコードを接続して充電する。8mmのDC出力、5.5mm のDC出力、Anker独自の急速充電技術であるPowerIQのUSB出力2ポートの計4ポートが使えるようになり、ソーラーパネルを9枚使うことで幅広いアイテムの充電を可能にした。

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 外遊びにはやっぱりスニーカー

    外遊びにはやっぱりスニーカー
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. アウトドアでDIYが今年のトレンド! モバイルバッテリーにもなっ…

  2. アウトドアにも便利と大ヒット中! 保冷機能のついた『Shupa…

  3. 宿泊・日帰り・街ぶら…スタイルに応じて自転車の積載力を自分好みに…

  4. ヒルバーグのテント「サイタリス」が鎮座! カモ柄の上質ミリタリー…

  5. コールマン が「2016年度グッドデザイン賞」を2つの部門で受賞…

おすすめ記事

  1. ザ・ノース・フェイスからゴアテックス搭載のヤバめトレッキングシュ…

  2. コロンビアが描くいつもと違うアウトドアを楽しむHIP OUTDO…

  3. カー&トラベルの祭典、「カートラジャパン2019」が9月20日に…

  4. 愛犬家アウトドアマンなら、「アウトドアドッグフェスタin八ヶ岳」…

  5. 東京スカイツリーでグランピングとBBQができたら最高! でもでき…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.