× CLOSE

vb34132138

グランピング連載vol.7/グランピングブームは今後も続くの?

連載最終回は、グランピングブームの将来について分析!

11月から7回に渡ってグランピングブームの背景を分析してきた週末連載「グランピングってなんなの?」もいよいよ最終回。

最近は、グランピング百花繚乱とも言える様相で、至るところで目にするものの、グランピングってどういうものかわかる人は意外と少ないのでは? そんな、いまさら聞けないグランピングの疑問を解決したい! ということで、グランピングについて独自に調査しているというビューティフルキャンピングさんに、編集部員トコロが突撃インタビューをしてまいりました!

最後のテーマは、グランピングブームの将来についてです。

←vol.6「グランピングにはどんな種類があるの?」はこちらから

【PROFILE/ビューティフルキャンピング】

本業はファッション誌、ファッション広告の編集・執筆。2011年春から、キャンプ空間をスタイリッシュに演出する楽しみ方「ビューティフルキャンピング」を広めようと活動中。

20130429-0025
http://beautifulcamping.net/
https://www.facebook.com/BeautifulCamping

【PROFILE/編集部員トコロ】

キャンプ歴4年。「cazual」立ち上げと同時に編集チームに配属され、全国を飛び回り、アウトドアメーカーやキャンパーへの取材を行っている。

prof_tokoro

グランピングブームは続くの? 今後はどうなる?

トコロ「グランピングの発祥やルーツなど、いろんな分析を見てきたけど、日本のグランピングって今後も人気が続くんスか?」

ビューティフルキャンピング(以下BC)「そこは業界の取り組み方次第だろうね」

トコロ「じゃあ海外では?」

BC「アフリカなど元から富裕層を相手にしている事業はグランピングブームに関係なく、何十年もかけてビジネススタイルが確立されているでしょ。だから、ブームには左右されないし、そもそもが流行りものじゃない」

3

ザンビアのカサカ・リバー・ロッジ。画像協力:道祖神 http://www.dososhin.com/

トコロ「確かに!歴史がありますもんね」

BC「グランピングという言葉を積極的に取り入れているイギリスでも、いまは定着しているし、1つの宿泊スタイルとして人気が継続していくと思うよ」

1

2 NEXT ≫

関連記事

  1. 17012516caz10

    アウトドアのハイシーズンに遊ぶ体を作るのは今!

  2. 17030412caz

    登山学習Q&AサイトSherpaが、3月18日に β版リ…

  3. 17013116caz1

    ミズノ「WAVE RIDER」初のGORE-TEX®ファブリクス…

  4. sub1

    アウトドアでひと足先に雪体験! 六甲山スノーパークで「スノイルキ…

  5. 16112512caz

    『この冬、日本で1番フォトジェニックな雪山トリップ』を体験出来る…

おすすめ記事

  1. 20170328_tokoro_run_008

    マラソンの春! 軽量&ヒザ負担軽減に特化したランニングシューズ登…

  2. 伝統的な漁船「サバニ」でカニ漁に出る。

    生まれ育った海と自然、生物と向き合うカニ漁師の蟹蔵さん:後編

  3. 17032915caz3

    それは、やりすぎ? 佐渡の魅力を激唱するヘビメタ地方PR動画「S…

  4. 17032912caz4

    部屋の改装、キャンプテーブル作り、春はDIYの季節?

  5. 20170328_tokoro_fukui_shiro_050

    【福井県大野市】”天空の城”越前大野城が最高すぎる 早朝登山して…

新着記事

  1. 20170328_tokoro_run_008
  2. 伝統的な漁船「サバニ」でカニ漁に出る。
  3. 17032915caz3
  4. 17032912caz4
  5. 20170328_tokoro_fukui_shiro_050
PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.