× CLOSE

長崎・壱岐で”島おこし”人材募集中 年収1200万円はまさかの市長超え!?

年収1200万!地元企業の元気を取り戻して”究極の島おこし”!

地方にチャレンジしたいけど、仕事が見つからないーーそうお嘆きの方に朗報です! 「壱岐市産業支援センター・Iki-Biz(イキビズ)」センター長に挑戦しませんか?

60年で人口半減 長崎県壱岐市が直面する難問

20161202_tokoro_iki_001

長崎県壱岐市は過去60年で人口が半減し、高齢化により後継者不足が問題になっている島だ。しかし、歴史は古く中国の「魏志倭人伝」に登場したり、1000年以上の歴史ある神社が島内に点在している。

20161202_tokoro_iki_008

なんと江戸時代から続いている勝本浦の朝市。壱岐は歴史深い島なのだ

また、きれいな海が自慢でかつては海水浴を含め年間70万人が観光に訪れる島だったが、近年は観光客の減少も目立ってきているという。さらに、離島というハンデや長引く不況の影響も強く、島の活気が失われつつあり、地域活性が至急命題だ。そんな壱岐を何とかしたい、もう一度活気を取り戻したいと「壱岐市産業支援センター・Iki-Biz(イキビズ)」が設置された。

20161202_tokoro_iki_009

無人島の辰ノ島では海水浴が楽しめる。プライベート感もたっぷりで、抜群の透明度

作りたいのは“行列のできる相談所”

さて、ここからが本題。皆さんにオススメする仕事が先に紹介した「壱岐市産業支援センター・Iki-Biz」センター長。なんと年収は1200万! 壱岐市長よりも高額な年収となっていて、壱岐市がこのセンターにかけている本気度がわかる。特長は、中小企業の売上アップに特化した支援施設ということ。

それもそのはず、このセンターのロールモデルとなった静岡県「富士市産業支援センター・f-Biz(エフビズ)」ではセンター長を中心とした専門家チームによって、コストをかけることなく売上低迷に悩む地元企業をV字回復させたという事例が数多く生まれているのだ。また「f-Biz」をモデルとして誕生した愛知県「岡崎ビジネスサポートセンター・OKa-Biz(オカビズ)」においても同様の成果が上がっている。

これらの影響で現在、全国でf-Bizをモデルとした産業支援センターが続々と生まれていてIki-Bizもそのひとつなのだ。

モデルケースの富士市産業支援センター「f-Biz(エフビズ)」がスゴい

富士市産業支援センター「f-Biz」は、静岡県富士市が2008年8月に設立した、中小企業支援を目的とした公的機関。「f-Biz」には、年間4,000件を超える相談があり、“行列のできる企業相談所”として定評がある。これまで地方の市町村は、企業誘致などによる経済活性化策が大半を占めてきたが、経済のグローバル化による産業の空洞化が進み、新たな企業支援策の必要性が叫ばれている。
こうした背景を受け、近年、「f-Biz」をモデルとした産業支援が脚光を浴びており、2013年に愛知県岡崎市に岡崎ビジネスサポートセンター「OKa-Biz」、2015年には熊本県天草市に天草市起業創業・中小企業支援センター「Ama-biZ」が立ち上がるなど、産業振興施策のあり方が変わりつつあるのだ。また、「f-Biz」は2014年度に中小企業庁が中小企業支援策として全国に設置した「よろず支援拠点」のモデルとなっている。

1

2 NEXT ≫
  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 高知県黒潮町移住ライフ・サーフスクール/ブルース&潤・ディロンさ…

  2. 山で働く!馬と働く!「人馬が共に働く新たな里山づくり」

  3. 都心にほど近い飯能市の魅力が60秒に凝縮されたPR動画 “Mee…

  4. 広島県移住促進セミナー 「HIROBIRO.ひろしまinトーキョ…

  5. 生まれ育った海と自然、生物と向き合うカニ漁師の蟹蔵さん:中編

おすすめ記事

  1. 高知県高知市移住Uターンライフ・鉄のクラフトデザイナー/宇田津 …

  2. 日本初開催となるアウトドア最強の障害物競技「リーボックスパルタン…

  3. 『フットサル』×『アウトドア』でソトアソビイベント開催@代々木

  4. サイクリストやバイカーだって、キャンプではキンキンに冷えたビール…

  5. 初夏に雪あそび!? 立山黒部アルペンルートで、涼しむ夏のアウトド…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.