× CLOSE

dsc08531

キャンプで活躍する軽量焚き火台3選 モノラル、ユニフレーム、ピコグリル…何がいい?

冬のソト遊びに欠かせない焚き火台

すっかり冬も本格化し、ソト遊びも寒さが厳しくなってきましたね。そうなると、やっぱり焚き火が恋しくなるもの。暖もとれて、直火調理もできる焚き火台をご紹介!

実際に試してよかった焚火台を紹介!

dsc08584

焚き火台はなかなか実際に試す機会がないですが、11月に東京・若洲公園で開かれた「焚火クラブ」は20〜30種類の国内外のメーカーの焚火台がずらりと並べられ、実際に薪をくべて焚火ができるのです。

ハイカーを意識した軽量焚火台が続々登場!

車で荷物を運び、テントサイトまで車で乗り付けるオートキャンプ向けの焚火台は数多くありますが、最近は、ウルトラライト、ファストパッキングといったスタイルも増え、焚火台も軽量なものが多くてできます。実際に、焚火をしてみて気になった焚火台をピックアップ。今回紹介するのは、すべて1kg以下のシンプルな構造で軽さに特徴がある3台です。

1

2 3 4 5 NEXT ≫

関連記事

  1. 16122216caz

    冬はダッチオーブンを囲んでミリタリーグランピング!

  2. 20160304-38

    世界で絶賛される日本のアウトドアブランド「モンベル」

  3. 16121116caz

    アウトドアとライフスタイルのコンセプトショップ「スポーツオーソリ…

  4. p9060126

    2017年アウトドア道具チラ見せ特集 その6/マイルストーン編

  5. 25fd3816b45c646be6ddc185a5ccd88a_s

    冬こそ自然の魅力に気づける! 薪ストーブを持ってソト遊びに出かけ…

おすすめ記事

  1. 17022516caz

    廃棄野菜から新しい野菜が育つ「リサイクル型栽培キット」を0円で販…

  2. 17022512caz

    都心にほど近い飯能市の魅力が60秒に凝縮されたPR動画 “Mee…

  3. 20170216_tokoro_yoshida02_010

    【長崎県平戸市 移住ライフvol.4】本土と橋続きの平戸島はアウ…

  4. 17022416caz

    アウトドアを満喫しながら都市部で働ける理想の移住地「洲本」をVR…

  5. 17022412caz1

    ついにタケノコテントの全貌が明らかに!

新着記事

  1. 17022516caz
  2. 17022512caz
  3. 20170216_tokoro_yoshida02_010
  4. 17022416caz
  5. 17022412caz1
PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.