× CLOSE

大自然・世界遺産の中を颯爽とランできる! ウルトラマラソン”ジオパーク”シリーズが発足

ジオパークや世界遺産を走って、日本の自然と伝統文化を体感!

このたび『ウルトラマラソン世界遺産シリーズ・ジオパークシリーズ』が発足。これは国内の複数のウルトラマラソン大会が、連携・協力する日本初の取り組みだ。

その特徴は、なといっても開催地域に「ジオパーク」や「世界遺産」、「無形文化遺産」を有するという点だろう。大会の魅力を国内外へ伝えるため、そして自然遺産のすばらしさを、マラソンを通じて発信していくことを目的としてシリーズを設立された。

img_120513_1

シリーズは、2017年4月23日(日)開催の「第27回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン」からスタート。今後はシリーズでの総合優勝や、年代別表彰、全大会に参加したランナーへのサービスなどを考えているという。

ウルトラマラソンは地域活性の有効なアイデア

シリーズ設立にあたっては、大会プロデューサーを務める坂本 雄次氏が次のように話している。

「これまでウルトラマラソンの事務局・プロデューサーをさせてもらっていますが、世界遺産、ジオパークといった、マラソンとは違った形で各大会の代表と手を取って大会のPRができることに感謝いたします。世界遺産の素晴らしさ、ジオパークの素晴らしさを発信し、国内外の一人でも多くのランナーを誘客できればと思っています」

img_120513_2

100kmという長距離を走るウルトラマラソン。これは都会での実施はなかなか難しいものだ。それに、コース設定で地域の自然の豊かさを参加者に対してプレゼンできるよい機会とも言える。折しも、マラソンブーム。フルマラソンで飽き足らない愛好家も増えている。豊かな自然環境をアピールするコンテンツとなりうる可能性を大いに秘めているのだ。

 

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 外遊びにはやっぱりスニーカー

    外遊びにはやっぱりスニーカー
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.