× CLOSE

【福井県大野市】”名水のまち”ならではの国際支援 水を軸に誇りを取り戻す地域創生プロジェクト

”名水のまち”福井県大野市

大野市は福井県東部にある大きな市だ。福井県内の市町のなかでは最大の広さを誇り、なんと県面積の5分の1を占めるほど。市街地には城下町の面影が残り、越前の小京都とも呼ばれている。

また、四方を山に囲まれた盆地であり、特別豪雪地帯に指定されるほど雪深い地域でもある。この地学的状況が大野を”名水のまち”たらしめているのだ。雪解け水が地中深くに染み込み、それが扇状地である市街で湧き出ているのだ。市街には湧水地がたくさんあり、”清水”(しょうず)として市民に親しまれている。

20170209_tokoro_oono_008

市内に30箇所近く、清水がある

歴史、自然に恵まれた大野市だが、全国各地の地方自治体の例にもれず、人口減少に頭を悩ませている。現在の人口は34,000人ほど。20年前に比べて、6,000人近く減少しているのだ。

この現状に対し、市は興味深いアクションを起こしている。

”水”は大野市のアイデンティティー

大野市は、古くから豊かな湧水が湧き出る地域ということで、”水”を軸として地域創生のブランディングを進めている。2015年5月から「水への恩返し Carrying Water Project(キャリング ウォーター プロジェクト)」として活動を開始。その一環として、日本ユニセフ協会とパートナーシップを組み、東ティモール支援を実施している。

東ティモールは21世紀最初の独立国であり、長く内戦が続いていた影響で、安全な水源の確保に苦しんでいるのだ。そこで、水を大切な街の財産と考えている大野市が支援に乗り出すことを決めた。市は3年で総額30万ドルを提供し、水道設備の設置など、現地でのさまざま水にまつわる支援をしていくという。

東ティモールの水支援事業に限定した支援は、地方自治体では日本初となる「地域と使途を明確にした支援」となっている。

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 移住者の声がリアルすぎる日光市の移住定住促進ムービー

  2. 福井県大野市移住 vol.3/移住で大事なのは仕事でなく、どうい…

  3. 離島やへき地で暮らしやすくなる?! ハイブリッド無人物流システム…

  4. 生まれ育った海と自然、生物と向き合うカニ漁師の蟹蔵さん:前編

  5. 「いつかは葉山へ」 そんなキーワードがテーマとなったフォトフェス…

おすすめ記事

  1. VRでシーバス釣りを疑似体験! 360度に広がる東京湾の大海原で…

  2. いよいよ海のシーズン! HELLY HANSENとコラボした海の…

  3. 埼玉県初となるアウトドアフィットネスクラブ「cocoon ath…

  4. トレイルランニングなどアクティビティも充実! 長野オリンピック聖…

  5. 7月8、9日の期間限定コラボワークショップ「オリジナルブレンドで…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.