× CLOSE

【長崎県平戸市 移住ライフvol.1】きっかけはUターンしていた友人 旅行3日目で移住を決意

島暮らしを選んだ移住ライフ

長崎県は全21市町のうち、陶芸で有名な波佐見町を除いて、すべて海に面している海洋県だ。さらに九十九島、対馬、壱岐島、五島列島など、島も多く、長崎県下には594もの島が存在している。これは日本一の数だ。今回は、そのなかの1つ、平戸島に移住した吉田佑介さん、綾子さん夫婦の物語。

20170210_tokoro_yoshida01_003

長崎・平戸ってどんなところ?

さて、本題に入る前に、移住の舞台となる平戸島について解説を少し。長崎県平戸市は、県の北西部にある平戸島、生月島(いきつきしま)、度島(たくしま)、的山大島(あづちおおしま)、平戸島の対岸の九州本土の北松浦半島北西端の一部が行政区域としている。島の大きさは、南北に32km、東西の最大幅約10kmとなっている。今回、登場する吉田さん夫婦は、京都から平戸島にやってきた2歳のお子さんがいる30代の夫婦だ。

平戸の前は京都に住んでいた吉田さん夫婦

「もともと京都でアウトドアのガイドをやっていたんです」

そう話すのは夫の佑介さん。妻の綾子さんが話を続ける。

「平戸に来る前は、京都の美山町(編注:京都府南丹市美山町)に住んでいました。“かやぶきの里”で有名な地域です。そこに6年半くらい住んでいて、さらにその前は京都市内に住んでいました」

京都市内に住んでいたころは、盆地ならではの夏の厳しい暑さで毎年、体を壊していたとか。

「このままでは体によくないと思って京都市から離れることにしたんです」(綾子さん)

それで移り住んだ先が、同じ京都でも山深い南丹市の美山町だった。街暮らしから、自然豊かな田舎暮らしへと生活が一変した。

「京都から平戸に来たのも移住ですが、同じ京都府内ですけど、京都市から美山への引越しもいわゆる移住でした」(綾子さん)

image4

”かやぶきの里”と呼ばれている美山町 写真提供:山彦舎

冬になるとマイナス10度を記録することもあり、100cm近く雪も降るエリア、渓流や山も近かったと言う。ラフティングやリバーカヤック、トレッキング、スノーシューなど、さまざまなアウトドアのアクティビティが楽しめる土地だ。

「美山に住んでいたときは、自給自足の生活をメインにしながらアウトドアのガイドをしていました。田んぼとか畑をやって、あと狩猟も。わな猟の免許を持っていて、鹿やイノシシを取っていました」(佑介さん)

もともと山が好きで、幼いころから自然と親しんできた佑介さん。ネイチャーガイドは天職だった。

image3

美山時代の佑介さん。自宅はかやぶきではなかったそうだが、このとおり隣家は立派なかやぶき屋根だ 写真提供:山彦舎

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 沖縄県宮古島移住ライフ・ヨガインストラクター/三嶋梨乃さん2

  2. 【長崎県平戸市 移住ライフvol.3】移住者は自分が変えなきゃと…

  3. アウトドア好きの心をくすぐる雄大な自然に囲まれた兵庫県養父市が、…

  4. 【静岡県川根本町vol.2】キャンプ場やトレラン大会を企画して、…

  5. 移住の近道は結婚?! お坊さん主催の婚活「吉縁会」って何?

おすすめ記事

  1. アウトドアブランド・パタゴニア日本支社が長崎県民対象の世論調査を…

  2. スタジオに星空のプロジェクションマッピング投影! 星が瞬く幻想…

  3. 「世界有数の山岳リゾート」北海道・ニセコで『U-30℃ PREM…

  4. 野外フェスやアウトドアシーンで大活躍! 太陽光で充電する携帯型「…

  5. ありそうでなかった! ほどよいプライバシーと距離感を保てる2人用…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.