× CLOSE

17021416caz

まだ業界人しか知らないかも!? アウトドア最新情報「カリマー」編その1

カリマーから新作バックパックが登場!

バックカントリースキーにも対応するオールラウンダーモデルのバックパックは、その名もalpiniste 50+10。

50-10の話はおいおいするとして、alpiniste(アルピニスト)というネーミングの通り、夏の縦走から、冬はアイスクライミングと本格的にこなせるバックパックなのです。

17021416caz6

大容量フロントポケットがポテンシャルを物語る!

バックカントリースキーからアイスクライミングまで対応するalpiniste 50+10。正面のフロントポケットは面としても大型で、ガセット(マチ)もあるので大容量。

スノースコップやクランポン、テントポールやペグなど、たっぷりと収納できます。

17021416caz3

アイスアックスも安心して装着!

グローブをしたままでも脱着が容易にできるバックル付きのフロントポケット正面。アイスアックスも安心して装着できるホルダー付きなのです。

17021416caz1

収納可能な2WAYのヒップベルト

alpiniste 50+10のバックパネルは安定感のある3Dインナーパネルを内蔵し、安定感のあるフィッティングとなっています。

さらに快適なヒップベルトのパッドは、ときとしてクライミングハーネスのジャマになるときがある。そんなとき、パッド部分だけを背面に収納できるなど、2WAY仕様となっているんです。

17021416caz5

alpiniste 50+10の「50+10」の部分に迫る!

ハイドレーション対応できる alpiniste 50+10は、2プライ420Dナイロンを使用した堅牢なバックパック。ガセットのあるフロントポケットには、使い勝手のいいデイジーチェーンも装着されています。そして「50+10」の由来は雨蓋となる部分にあります。

17021416caz4

雨蓋が延長でき、ここだけで10L増の容量を稼ぎ出すことができるのです!

alpiniste 50+10の本体サイズは72×36×28センチ

バックレングスは48センチ

重量1720グラム

カラーはrescue orange(レスキューオレンジ)とair force(エアフォース)の2色。

本体価格2万5000円(税抜き)となっています。

 

お問い合わせ先

株式会社エスビーエイ

http://www.karrimor.jp

 

 

 

 

関連記事

  1. caz_coleman_0826-830x460

    Made in U.S.Aの限定版ランタン 「コールマン シーズ…

  2. 17021612caz

    ドッペルギャンガーアウトドアから、テントと連結が簡単にできるター…

  3. 16120712caz

    アウトドアを豊かにする、1台5役のランタンスピーカーボトル「PL…

  4. 16121016caz

    人気のBACKPAIX(バックパックス)が12月上旬にMakua…

  5. caz_OT2600-B-Kodiak2-Charging

    現代キャンプの必須アイテム、大容量ストレージバッテリー「KODI…

おすすめ記事

  1. 17022516caz

    廃棄野菜から新しい野菜が育つ「リサイクル型栽培キット」を0円で販…

  2. 17022512caz

    都心にほど近い飯能市の魅力が60秒に凝縮されたPR動画 “Mee…

  3. 20170216_tokoro_yoshida02_010

    【長崎県平戸市 移住ライフvol.4】本土と橋続きの平戸島はアウ…

  4. 17022416caz

    アウトドアを満喫しながら都市部で働ける理想の移住地「洲本」をVR…

  5. 17022412caz1

    ついにタケノコテントの全貌が明らかに!

新着記事

  1. 17022516caz
  2. 17022512caz
  3. 20170216_tokoro_yoshida02_010
  4. 17022416caz
  5. 17022412caz1
PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.