× CLOSE

楽しむのも全力! ランも全力! な人にちょーど良いランイベント3選

今ブームのランイベント、走ることがより身近になってきましたね! “ラン×〇〇”の種類も増えてきたけれど、「ランを楽しみたいけど、そこまでノリが良すぎるのは引ける…」「走るならちゃんと走ってみたいけど、ツラいのはちょっと…」なんて悩んでいる人も多いのでは!?

そんな方にオススメしたい、“ファン”も“ラン”も全力で楽しめるイベントがあるんです! 3種類のお楽しみ別にご紹介。

「乾杯!」のために走りたい人!

rt_sub1

ランニングを通じて、人々が競うのではなく“つながる”ことをコンセプトにした、アプリ連動型のソーシャル系ランイベント、「Runtrip via(ラントリップ・ヴィア)」が2017年5月20日(土)に表参道で開催されます。

走ることの楽しさって、ゴールした瞬間の感動にあるんですよね。だからこれは、走ることがあまり好きじゃない人に、特にオススメしたい。

ランニングのレベルや、性別・年齢など関係なく、だれもが同じゴールの感動を共有できる。ランニングを「苦しい」から「楽しい」カルチャーへ発展させたいという想いからできたイベントです。

みんなで一緒にゴールする、競争が生まれない新感覚ランイベント

「Runtrip via(ラントリップ・ヴィア)」のフィニッシュは、ゴールとなるパーティー会場に指定の時間までに到着すること。それだけ。

参加者は自分の自宅や駅など任意の場所からスタートし、好きなルートを自分のペースで自由に走るだけでOK。決められたコースで競争するのではなく、ただ「走ること」に集中するためにルールはシンプルなんです。

レベルの高いランナーも、お試し感覚のビギナーも、お互いの走りをみんなで讃えて、達成感や感動を共有しましょう。

専用アプリで他のランナーと”つながれる”

rt_sub2

「Runtrip via」では、専用アプリでランニングの軌跡を計測しながら走ります。また、MAPで他のランナーの位置も確認できるため、参加者同士がバーチャルでつながることもできます。GPSによってルートを可視化できるので、ゴール後にランナー同士でどんな道を走ってきたか共有するきっかけとなります。

参加者全員が着用するお揃いの“ドレスコード”

rt_sub3

イベント参加者にはドレスコード・アイテムとなるマルチヘッドウェア「Buff」が事前に届きます。おそろいのアイテムを身につけて走ることで、ランニング中に同じゴールを目指す仲間に街中で出会うことができます。おそろいのアイテムによって、街全体に一体感と彩りが生まれます。

ゴール会場では音楽・食事を楽しめるパーティー空間で“乾杯”!

rt_sub4

Runtrip viaのゴール会場は、フードカーやドリンクブースがあり、音楽が流れる心地のよい空間です。ランニング後の乾杯ドリンクや、DJが選ぶ心地よい音楽と一緒に、ランニングを楽しんだ仲間同士で空間と感動を共有しましょう!

詳しくはRuntrip via Omotesando エントリーサイトまで。

「温泉」のために走りたい人!

東京からすぐ行ける人気の観光地・箱根で、2017年5月20日(土)、21日(日)に「箱根ランフェス2017」が開催されます。箱根の持つ“自然、温泉、観光、富士山を望む景観”というたくさんの魅力を、走って堪能できるんです!

早起きラン!? 澄んだ空気のなかで走ると気持ちイイ!

hk_main

箱根ランフェスは、早朝の芦ノ湖スカイラインを走る「富士ビューラン」が見どころ。

早起きして、澄んだ空気のなか走って見る箱根の景色は、きっと忘れられないものになるはず! 「富士ビューラン」に合わせて、「ランフェスライナー」での送迎もあるから、箱根エリアの送迎サービスがない旅館やホテルに泊まっても安心です。

自分に合ったコースで無理なく楽しめる

hk_sub2

「箱根ランフェス」では、距離やスタート時間の異なるコースが用意されています。

走ることに不安のある人には、ポールを使って歩くノルディックウォーキングや、元気なお子様にオススメのキッズラン、著名トレーナーに教えてもらえるランニング講習会もあります。ほかにも、ランニングだけではなくイベントも展開。会場では、出店しているイベントブースでランの合間に楽しめたり、青空の下、BBQや地元・箱根の名産品を使ったグルメでリフレッシュできたり、楽しみがもりだくさんです。

sub8

箱根と言えばやっぱり温泉!

箱根ランフェス最大のオススメは “泊まって楽しむ”こと。

箱根各地のホテル・旅館に宿泊できるのはもちろん、やはりメインは温泉! 国内でも有数の温泉地である箱温の温泉を楽しみながら、ランの疲れを癒せます。そのほかにも、各宿泊施設からラン会場への送迎もしてくれるからラクちん。

朝食は、アスリートフードマイスター監修によるランナーに向けた特別メニュー! スタートからゴールまでランナーをサポートします。

“楽しさを競おう”

sub6

「箱根ランフェス」の開催だけでなく、今後もっと箱根をアクティブに楽しめるように、「箱根ランプロジェクト」が発足しました。ランナーやスポーツファンを魅了すること間違いなし! な箱根に今から目が離せません。

詳しくは公式サイトまで。

「ご当地グルメ」のために走りたい人!

2017年10月29日(日)に開催される「横浜マラソン2017」。

3回目となる今回のエントリーが2017年4月5日正午から開始されましたが、好評のため前回から募集人数を3,000人増やし、合計28,000人のランナーを募集しています! さらに、新種目「1/7(ななぶんのいち)フルマラソン」が登場! 42.195キロのおよそ7分の1にあたる6.0278キロを走るユニークな種目も用意されています。

yk_sub3

横浜の魅力すべてつまったランコース

yk_main

横浜マラソンは、フルマラソンであれば、みなとみらい大橋からスタートし、赤レンガ倉庫、横浜中華街、山下公園、を通るランコースになっています。港の海風を感じながら、たくさんの魅力つまった横浜を網羅できるなんてお得!

「横浜マラソン」は練習をしっかりするあなたを応援

大人気の横浜マラソンですが、出場権が当たる裏ワザがあるんです!

横浜市内で開かれる各区のマラソン大会や、市内の各区スポーツセンターなどで実施するランニング関連イベントに参加して、スタンプを集めると、「横浜マラソン2017」の出走権が合計500名様にあたります。対象イベントに参加して、横浜マラソンへの出場権を獲得するだけでなく、運動不足解消のきっかけにしましょう!

大人気の「ラッキー給食」とは?!

「ラッキー給食」は、横浜マラソン恒例イベント。給水所にて、マラソン定番のメニューに加え、地元の名品を中心にいろんなグルメが並びます。見たことのあるメニューもたくさん!  ランの疲れを癒してくれること間違いなし。フィニッシュしたら、お土産に買って行ってもいいですね。

その他にも、横浜マラソンならではの「給水パフォーマンス」など、お楽しみ企画が豊富に用意されています。

みんなで秋の横浜を駆け抜けよう!

詳しくは 公式サイトまで。

全力で走れるひとだけが、全力で楽しめる。

いかがでしたか?

走るのが趣味なランナーさんも、この頃運動不足だな……っていうビギナーさんも、いろいろな方法で、ランを楽しみましょう!


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 外遊びにはやっぱりスニーカー

    外遊びにはやっぱりスニーカー
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.