× CLOSE

防災×ファッションが今すごい!これまでにないアイデアの商品が続々登場!

デザイン性・ファッション性が高い最新防災グッズを一挙公開!

8月30日から9月5日までの期間を内閣府では「防災週間」とし、全国民への防災の啓発を行なっています。

1年の中でも過去の災害を思い出し、自分と大切な人の未来やそれらを守るためにはどうしたらいいのかと考える機会になっています。

そして災害大国日本では、かつてから数多くの防災グッズが販売されてきました。

しかしこれまでの防災グッズは「備えたくなる」ものではなかったのですが、近ごろは「災害が起きたら使うもの」であった防災グッズが「“日常使い”できて、災害発生時“も”使えるもの」へと消費者ニーズに合わせて変化しはじめています。

そんなおしゃれになった防災グッズを一挙にご紹介。

普段はレインブーツ、災害時は安全長靴に!

大正12年創業で消防用長靴などのプロフェッショナル用アイテムを製造するシバタ工業株式会社。一般社団法人防災ガールとシバタ工業株式会社は、靴底に鉄板が入った頑丈なつくりながらも折りたたんで持ち運びやすい「災害ボランティア用ブーツ」を開発しました。

その「災害ボランティア用ブーツ」は早くもSNSやWEBメディアなどで話題となっています。

「災害ボランティア用ブーツ」購入シバタ工業 ECサイト

ショートブーツ:http://shibataproshop.jp/SHOP/SP-2000.html

ロングブーツ:http://shibataproshop.jp/SHOP/SP-204.html

パラコードミサンガが多機能防災グッズに!

津波防災のプロジェクト「#beORANGE」(一般社団法人防災ガールと日本財団の共催で実施)が手がけるパラシュートコード(通称パラコード)で作られたミサンガ。

接続部分がホイッスルになっていたり、ほどくと2m弱の長さになるため止血や骨折した箇所の固定など、このミサンガ1つで10種類以上の使い道のある便利グッズ。

この7月にはさらにバージョンアップした商品が発表。

「パラコードミサンガ」購入#beORANGE 公式ECサイト

https://beorange.thebase.in/

ビーチで使うラウンドタオルが津波防災の合図に

同じく「#beORANGE」プロジェクトが発売予定しているのが、インスタグラムやSNSで人気の夏のビーチに映える「ラウンドタオル」。

通常は表面を活用し、緊急時には「津波が来たぞ、早く浜に戻れ」を意味するオレンジの裏面を沖にいる人にむけて振ることができるアイテム。

津波が来た時には沖に出ている人は「音」で呼びかけても聞き取りづらいという声から開発されましたた。

「ラウンドタオル」は、2017年7月17日(海の日)に発売開始となります。

原子力発電所内の作業者も着用する「タイベック素材」を活用したマウンテンパーカ

RESQUADが販売するB-LINE JACKET using DuPont™ Tyvek®は、化学防護服などに使用されているデュポン™タイベック®を使用したマウンテンパーカ。

危険な物質の侵入や付着を阻止するバリア性、擦れ・裂け・引っ掛けといったリスクに強い耐久性があり、ハードな環境下でも作業の効率を高める快適性・軽量性を兼ね備え、様々なリスクから身を守る防護性能を搭載しています。

「B-LINE JACKET using DuPont™ Tyvek®」購入RESQUAD ECサイト

http://rescue99.com/SHOP/08662.html


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • ツイッターキャンペーン実施中!

    ツイッターキャンペーン実施中!
  • キャンプ・アウトドア特集2021

    キャンプ・アウトドア特集2021

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.