× CLOSE

秋だから着たくなる、NANGAの新製品アパレルをチェックしてきましたよ

見えない部分だからこそ、こだわるNANGA(ナンガ)!

ヨーロッパ産のダウンを輸入し国内で洗浄したもののみを厳選し、国内での製造にこだわるNANGA(ナンガ)。

寝袋メーカーとして最高峰のジャパンブランドと位置づけされ、高度な精製技術から、色々なアパレルブランドが寝袋だけでなく、多数の「羽毛商品」のコラボレーションもしています。

第一線で活躍する登山家もNANGAの寝袋を愛用することから、NANGAブランドとしてのオリジナル商品は寝袋だけと思っている人もいるようですが、実はアパレル商品も高いクオリティで、数多く製造され、そして毎年のようにアップデートを繰り返しています。

最新の製品をいち早く手にとって確かめることができるのが展示会などです。しかし一般の人は入場できないので、cazualが一般の人に代わって新製品をチェックしてきました。

これまでのNANGAアパレルとはまったく異なるデザイン!

NANGAで使用する羽毛は、国内精製羽毛。汚れはもちろんのこと羽毛特有の臭いもほとんどないのが特徴です。

アパレルウエアとなるとトップスは顔に近いので、ダウンウエアはいくら暖かいといえ、臭いは厳禁。そこいくと、NANGAアパレルは安心して着ることができます。

今回発表されたNANGAアパレルは、真冬に着たくなる厚手のダウンウエアから、焚き火キャンプで着たくなる難燃素材を用いた燃えにくいダウンウエアなど、たくさんラインナップしてました。

そんな中、実際に羽織ってみたのは、秋のはじまりにはアウターとして、真冬にはインナーとして、そして春にはまたアウターとして、キャンプにもオフィスにも活躍しそうな半袖ダウンシャツでした。

ダウン製品は洗える?

そんなふうに、長いシーズン、いろんなシーンで着るとなると、汚れる機会も増えていきます。

「高価なダウンウエアだから、汚したくない。ならば着ない方が・・・」

そうなってくると本末転倒です。着倒してこそ、ウエアの本望です。

実はダウンだって、洗うことができます。

NANGAではダウン製品の洗うことを動画で紹介しています。

正しい洗い方を覚えれば、ウエアだけでなく、寝袋だって躊躇なく洗え、快適に過ごせそうです。

半袖もいいけど、長袖も捨て難い・・・

秋のはじまりから、真冬を超え、そして春にも活躍しそうな半袖ダウンシャツ。キャンプだけでなく、オフィスでもまったく違和感なく着られそうです。

試着して、納得の1着でした。

アップデートポイントとしてはサイドポケットがついたので、スマホやおサイフなどの小物を入れるには、かなり便利。

寒いときには、手を突っ込んで歩きたくなります。

そんなシーンを考えると、果たして半袖でいいのか? という新たなる選択肢も生まれてきます。

ニクイことに、長袖のダウンカーディガンも新製品にラインナップしてます。

こちらも、秋のはじまりにはアウター、真冬にはインナー、そして春にはまたアウターとして、キャンプでもオフィスでも活躍しそう。

軽やかで、コンパクトになるダウン製品ですから、荷物を増やしたくない旅や出張にも、躊躇なく持っていけそう。

あなたなら、半袖と長袖どっちを選びます?

ここはやはり、半袖と長袖の両方でしょうかね??

 

NANGA オンライン http://nanga-schlaf.com/products/list.php?category_id=2

 

取材協力

ナンガ本社

TEL 0749-55-1016

営業時間 AM10:00~PM17:00

http://nanga-schlaf.com

 

ナンガ東京直営店

NANNGA SHOP TOKYO

TEL 036303-1688

営業時間 AM11:00~PM20:00

 

Nap produced by NANGA

TEL 0422-27-5639

営業時間 AM11:00~PM20:00


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプ・アウトドア特集2021

    キャンプ・アウトドア特集2021

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.