× CLOSE

ogawaの進化系ワンポールテント「アテリーザ」がカッコよすぎ!

「ogawa(オガワ)」2019新作テントが革新的!

とがった屋根が特徴のモノポールテント。目を引くデザインから人気のテントだが、2019年は居住性を高めた革新的な進化系ワンポールテントが登場する。それが「ogawa(オガワ)」の新作「Aterriza(アテリーザ)」だ。

Y型ポール採用でワンポールテントを劇的進化!

一見すると、「ogawa」のアイコン的なワンポールテント「Pilz(ピルツ)」と似ているが、最大の違いはトップの形状。幕を支えるポールは1本なのだが、先端が二又にわかれたY型ポールを採用している。頂点を2つにすることで、天井部分を広げ、ゆったりとした居住空間を大幅に拡張することに成功。ワンポールテントの弱点として斜め天井による窮屈感があったが、Y型ポールを採用することで見事払拭してみせた。

先端が二又にわかれたY型ポールで天井ゆったり

天井が広くなったので、オプションのハーフインナーを設置しても広々としたリビング空間を確保。居住性が格段に向上している。「ピルツ12」と床の面積はほぼ同じだが、天井部分に余裕があり、幕の立ち上がりがゆるやかなため、ずいぶんと広く感じられるはず。

さらに、強度の高いリップストップ生地を採り入れたことで、6人用テントにもかかわらず総重量10.3kgと軽量化も実現。

スタイリッシュ&シンプル設営も魅力

ogawaのこれまでのテントとは異なる、落ち着いたカラーリングも魅力。グレー×ライトグレーの組み合わせは、都会的でスタイリッシュな印象を与える。モノトーンなカラーリングはキャンプ場などでも逆に目を引くだろう。

ほかに、上部や側面に大型のベンチレーションを設けているので換気性能も抜群で、日本の気候でも快適に過ごせる。グランドシートをつけないことで、土間的な使用も可能。土、芝生、砂地などさまざまなフィールドでスタイルを問わず使えるのがうれしい。

二又ポールに変わったものの、ワンポールテントのメリットである設営のしやすさはもちろん健在。グランドシートとフライシートをペグで固定し、ポールを差し込み、天井を立ち上げればほぼ完成なので、複雑な工程がなく、ビギナーでも安心して立てられる。

ベテランにもビギナーにもオススメ!

シンプルな設営、特徴的なデザイン、高い居住性といいことづくめのogawaの新作テント「アテリーザ」。キャンプデビューを狙っているビギナーにも、たくさんのテントを試してきたベテランキャンパーにも試してほしいテントだ。

【ogawaの2019年新作テントの紹介記事はこちら】
簡単設営で広々! ogawaの新作テント「ティエラ リンド」はキャンプデビューにうってつけ

Aterriza(アテリーザ) 製品詳細

価格:98,000円+税
重量:総重量(付属品除く) 10.3kg [内 容]フライ 約6.9kg グランドシート 約1.8kg ポール 約1.6kg
付属品重量: 約4.2kg
素材:フライ/ポリエステルリップストップ75d(耐水圧1,800mm) グランドシート/ポリエステル210d(耐水圧1,800mm) ポール/6061アルミ合金(φ30mm、φ22mm)
収納サイズ:80×29×29cm
カラー:ライトグレー×グレー
付属品:グランドシート、張り出しポール180cm、張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋
詳細はこちら>>https://www.store-campal.co.jp/SHOP/2783.html


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 外遊びにはやっぱりスニーカー

    外遊びにはやっぱりスニーカー
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.