× CLOSE

ポータブルコーヒーメーカー「OFFROAD COFFEE」があればアウトドアで本格エスプレッソが楽しめる!

人はなぜ山に登るのか 1杯のコーヒーのため

登山好きな人に、「どうしてキツイ思いをしてまで、山に登るの?」と聞いたとき、「そこに山があるから」と答えた人は1人もいませんでした。

しかし、ほとんどの人が口をそろえて言った台詞があります。それは、「山頂で飲むコーヒーがたまらなくおいしいから」。

そうなんです! 登山の楽しみは、なんと言っても山頂で飲む1杯のコーヒーや、お湯を沸かしてカップラーメンを食べることだったりするんです。これこそまさに至福のとき。

このために、登山愛好家たちは大変な思いをして、山のてっぺんを目指すんです。

アウトドアで重宝するポータブルエスプレッソメーカー

「登山やバーベキューなどのアウトドア活動のときでも、おいしいエスプレッソを楽しみたい!」そんな声に応えて、本格的なエスプレッソを作れるコーヒーメーカーが登場。

それがこの「OFFROAD COFFEE(オフロードコーヒー)」で、いつでもどこでも、気軽にエスプレッソを作ることができる携帯型のエスプレッソメーカーです。

本体サイズは、15cmと一般的な水筒と同じくらいの大きさのため、キャンプやハイキング、バイクのツーリングなどのお供にぴったり。

使い方は超簡単!

使い方はとってもシンプル。コーヒーをセットし、電源につないだら、本体をまわすだけ。これでおいしいエスプレッソが堪能できます。

1:本体のアダプター部を取り外し、コーヒー粉、NESPRESSOカプセル、または44mmカフェポッドをセット。

2:本体に水を注ぎ、電源に接続。

3;カップを用意したら、その上で本体をひねるように回す。たったこれだけでエスプレッソの完成。

おいしさの秘密は?

5年の歳月をかけて開発された独自の磁気バルブにより、クリーミーなエスプレッソを実現。本格的なエスプレッソマシンでいれたような深い味わいを再現しています。

また、本体はシンプルな構造なので、誰でも簡単にお手入れをすることができます。

自分で挽いた豆も飲める!豊富な選択肢

「OFFROAD COFFEE」のエスプレッソは、純正NESPRESSOカプセル、44mmカフェポッド、さらには自分で挽いた豆も使用可能。

こだわりの自分オリジナルブレンドの豆で挽いたエスプレッソを山頂で味わう……。どんなに高い喫茶店で飲む1杯よりも、きっとおいしいに違いありません。

12V電圧対応ヒーターが付属。お湯がなくても問題なし!

外出先で気軽に、しかも温かいエスプレッソを味わいたい。もちろん問題ございません。

「OFFROAD COFFEE」のキットには、12ボルト電圧対応のヒーターが付属していて、車やバイクのシガーソケットから電源を確保することできます。水と電源さえあればOK。

「OFFROAD COFFEE(オフロードコーヒー)」製品仕様

本体高さ15cm/(ヒーター装着時)18cm
本体幅7cm
本体重量600g/(ヒーター装着時)780g
水タンク容量60g
ヒーター消費電力75W
※Nespresso®は、ネスレ社の商標です

販売価格

対応電圧12V専用 29,800円
対応電圧12V/24V両対応 32,800円
※バッグ・カラー BLACK、GREEN、DESERTの中から選べます

問い合わせ先

株式会社Gloture
https://gloture.jp/collections/new/products/off-road-coffee

文/中山 圭
【Profile / 中山 圭】
東京都立川市出身。広告代理店、出版社2社での広告営業を経て2019年に独立。趣味はルアー釣り、カメラ、音楽(ベース)。学生時代に始めたバス釣りで、2年もの間釣れなかったことから、ルアー釣りにのめり込むことに。ここ数年はバラした70cm以上のGTを追い求めて、南の島遠征を繰り返している。将来の夢は風景写真で入賞を果たすこと。モットーは、“釣果と景色は足で稼ぐべし”。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 公式チャンネル始動!!

    公式チャンネル始動!!
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.