× CLOSE

薪割りの新定番ギア「キンドリングクラッカー」は本当に便利か、初めて使う人に試してもらった

薪割りに大きく貢献するキンドリングクラッカー

焚き火にぴったりなシーズンであるこの時期、薪をたくさん用意する人もいるだろう。しかし、市販の薪は実際に使うサイズより大きいことが多いため、小さく割る必要がよくある。

昔ながらの手斧で割る人もいれば、バトニング(薪の上にナイフを置き、上から叩いて割る方法)をする人もいることだろう。

しかし、効率面で考えるとこのキンドリングクラッカーが一番ラクで安全という声もある。そこで、筆者は実際にこちらを購入し、どれだけラクなのか試してみた。

キンドリングクラッカーがなぜ誕生したのか

通称「キンクラ」の名称で親しまれているキンドリングクラッカーは、2013年に誕生したアイテム。ニュージーランド生まれのある少女が、薪割りでケガをする母を見て考案したのがきっかけ。

父が技術者ということもあり、一緒に試行錯誤して制作した結果、今では日本を含む世界12か国で使われていると同時に、多くの賞を受賞。特許も取得し、焚き付けを作る便利アイテムとして世界中で愛されている。

検証!初めて使う人でも簡単に薪割りができるのか

同製品は、薪を縦にして刃の上に置き、ハンマーで上から叩くとすぐに割れる仕組み。割れると、刃を挟んで左右に薪が落ちるため、足に当たる心配はない。

また、上部の丸いフレームは持ち運びのハンドルになるだけでなく、薪が割れた際に散らからないように支える役割がある。薪割りを安心・安全に使える工夫があちこちに見られるのだ!

ではさっそく、薪を置いて割ってもらいましょう!

試していただいたのは、昨年からキャンプを始めたばかりという男性で、焚き火は好きだが薪割り自体が初体験。

まずは刃の上に薪を縦に置き、ハンマーで薪を叩いていく、最初に軽く叩くとほとんどは刃が薪に食い込むので、そしたら薪から手を離す。

手を離して、少し力を入れて叩いていくと、わずか3回で薪がパーンっと割れた!

「ほとんど力をいれていないのに、一瞬で割れるなんて驚きました……」と利用者。この後、5本ほど割り続けたが、1分もしないうちに10本の焚き付けが誕生。

なお、今回ハンマーはスノーピークの製品を利用したが、片手タイプの専用ハンマーもあるので、こだわりたい人はそちらを使ってもいいだろう。

次も同じくキャンプ初心者で、キンクラを初めて使う女性の人に試してもらった。なお、チェアに座りながらでも薪割りができるので、足腰が悪い人は着座しながらやってもよし。

同じく薪をセットし、ハンマーで叩いてみると……。パコーンっと同じく割れた!

力の入れ具合が弱いと、何度か叩かないといけないことに気づいた女性は、その後コツを掴んで4〜5回叩いてすぐに薪を割れるようになった。

「薪割りは斧で割っている姿が印象に強くて大変そうでしたが、これなら女性でも安心して作業できますね。なにより楽しいです!」とコメント。

ちなみに、ストレス解消で割る人もいれば、子どもの遊び道具として薪割りを頼んでいる家族もおり、各々の用途や環境で使われているそうだ。ただし、子どもが扱う際はケガをしないように近くにいるようにしよう。

キンクラで気になること、注意したいこと

焚き付けを作るのに便利なキンクラ。しかし、たくさん使っていると刃に汚れがつき、蓄積すると薪が割れにくくなる可能性がある。使い終わったら、できるだけ汚れを拭き取るようにしよう。

また、鉄素材はサビやすい弱点があるため、雨天や水が当たりやすい場所での使用は避けるようにしよう。

キンクラを使いこなして焚き火を手軽に楽しもう

今回使用したのはレギュラーサイズで、これよりひと回り大きいキングというサイズも展開されている。

レギュラーは太さ約14cm以内、長さ25~50cmの薪に対応しているが、キングは太さ約18cm、長さ60cmほどまで網羅できるため、広葉樹や大きい薪を割る際に便利。キンクラを使いこなして、焚き火を楽しんでみてはいかがだろうか。

キンドリングクラッカーの製品紹介

サイズ(約):、直径190(リング外径)×高さ310mm

重量(約):4.8kg

材質:ダクタイル鋳鉄

商品詳細はこちら

撮影・文/小川迪裕(オガワミチヒロ)

【Profile/小川迪裕(オガワミチヒロ)】

フリーランス編集者、ライター。得意ジャンルはキャンプとファッションで、雑誌からWEBまで幅広く寄稿する。最近はタブロイドやイベント冊子の製作、イベントの企画、ブランドPRなどもやる何でも屋に。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 外遊びにはやっぱりスニーカー

    外遊びにはやっぱりスニーカー
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.