× CLOSE

着実に来てる雪駄ブーム! 日本製レザー製「サン駄(江戸前 sandal)」がクラファン登場

アウトドアでのトレンドとなるか?!

ビーチサンダルはもとより、リカバリーサンダルもいまやアウトドアで活躍するシューズのひとつとなっています。

ところが昨年あたりから、ときどき話題となっているのが雪駄。

エア入り雪駄はサンダル界の革命児!? 異端と思いきや普通にかっこいい!

アウトドアと日本の伝統スタイルをミックスしたトングサンダルが発売!

下町をカンカン鳴らして履く雪駄は粋ですが、「アウトドアではどうなの?」って疑問も生まれてきそうなもんですが、最近登場する雪駄はアウトドアスペックを纏ってたりするんです。

ちなみに今回クラファンに登場した「サン駄 (江戸前 sandal)」は、なんとビブラムソール仕様!

アウトドアマニアも唸らせるスペックなのです。

革靴屋の技術を結集

サンダルって、かかとが疲れますよね。

特に薄ければ薄いほど、硬ければ硬いほど顕著な症状が現れます。

ところがこの「サン駄 」はストレスフリー!

靴の街・浅草で培ったノウハウと経験を活かし、革靴屋の技術を大結集!

これまでネックだった「履き心地」と「疲れにくさ」を徹底改良したそうです。

女性でも履けるサイズも登場!

でも実際、雪駄ってかなりハードルの高い履き物ですよね。

そのハードルが高くならない雪駄を作るため、カラーバリエーションやポップな刻印などを施してあるのがこの「サン駄 」の特徴なのです。

しかも誰にでもカジュアルに楽しめるよう、女性の方にも使いやすい小さいサイズから展開。

目安としては、普段お使いの靴のサイズが22.5〜23.5cmの方には3S。

23.5〜24.5cmの方には2S。

24.5〜25.5cmの方にはS 。

25.5〜26.5cmの方にはM 。

26 .5〜27.5cmの方にはL と、全5サイズをご用意!


独自開発の4層構造を開発!

「サン駄 」は高級感ある品のよさを出すために、牛革を採用しています。

ちなみに牛革を採用しているのは見える部分だけ。

実は鼻緒の内側まで牛革にすると固くなってNG!

そこで内側のみ「クレスタ」と呼ばれる柔らかい素材に変更してあるのです。

さらにまるで靴を履いているかのような感覚で、疲れ知らずで長時間歩けるようにな、絶妙な「厚み」に設計。

低反発スポンジ、高反発スポンジ、中材、クッション性に優れた素材「EVA」を重ね合わせた独自開発の4層構造を開発したのです。

カラバリも豊富!

ソールに厚みをもたせ、反りをつけることで、スニーカーのように歩きやすくなった「サン駄 」ですが、Makuake限定先行発売を含めた新カラーも登場!

土台は「ヌメ」と「ブラック」の2色展開で、それぞれ鼻緒に個性を持たせることでカラーバリエーションが豊富になったのです!

「ヌメ × ブラウン(クロコ柄)」と「ブラック × グレー(クロコ柄)」はMakuake先行発売カラー。

そのほかヌメ土台の「ヌメ × ブラック」「ヌメ × ネイビー」「ヌメ × カーキ」「ヌメ × ホワイト」「ヌメ × オレンジ」とブラック土台の「ブラック × ブラック」「ブラック × ネイビー」「ブラック × カーキ」「ブラック × ホワイト」「ブラック × オレンジ」と全12パターンをご用意。

お好みの組み合わせを楽しめるようになっています。

Makuake先行発売!

現在クラウドファンディングmakuakeにて、ストレスフリーの日本製レザー雪駄サンダル「サン駄 (江戸前 sandal)」を先行受注販売中。

プロジェクトサイト https://www.makuake.com/project/lift10


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプ・アウトドア特集2021

    キャンプ・アウトドア特集2021

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.