× CLOSE

世界シェアNo.1のBBQグリルメーカーからIoT機能搭載の電気バーベキューグリルが発売!

日本初!「Weber Pulse 1000」

世界シェアナンバーワンのバーベキューグリルブランド「Weber-Stephen Products」。

1952年に世界初となる革新的な蓋付きグリル「Weber®ケトルグリル」を発表し、「グリルのある生活での新しい発見」をテーマに、高品質でバリエーション豊富なグリルとグリルアクセサリーを展開しています。

そんなWeberより、日本初のIoT機能搭載のスマートグリル「Weber Pulse 1000」が発売されるとの情報をキャッチ!

今までのバーベキューの概念を覆すとの噂もある最先端のグリル。その特徴についてチェックしてみましょう。

蓋と高温調理で、毎回完璧な仕上がりを保証

こちらの「Weber Pulse 1000」は、最高温度316度までの調理が可能で、高温域での調理もお手の物。

Weberグリルの特徴である「蓋」の内側にある反射板によって、素材に熱が常に均等に行き渡るよう設計されているため、焼きムラが出にくく、どんな素材も美味しく調理できます。

また、Weber独自のデジタル温度調節機能を内部に搭載しているため、安定した温度をキープできます。

さらに、蓋を開けなくても、グリル内の温度を確認することが出来るLEDディスプレイ付きです。

日本初・IoT機能搭載で調理はお任せ!

Weber公式アプリ「Weber Connect」を接続すれば、レシピの準備から仕上がりまでの全工程をサポート。

調理中はアプリがタイマー、温度計の役割を担い、焼き加減やひっくり返すタイミングをスマホに通知してくれるので、どんな人でも簡単にグリル調理が可能です。

失敗要らずの最先端機能をぜひ体験してみてください。従来のバーベキューとは違った楽しみ方が見つかるはずです。

使い方・掃除も簡単で手間いらず

Weber Pulse 1000は、電源に差し込むだけですぐに使えます。

火力の調節が簡単にでき、片付けも手間がかからない構造になっているため、BBQ初心者でも安心。

もちろん、火気使用禁止の場所でも使用可能です。

ガスに引けを取らないパワーを搭載しているため、カリッとジューシーに、香りと味を凝縮した料理を楽しむことができます。

商品概要

<Weber Pulse 1000(ウェーバーパルス) >
・消費電力・電圧:1300W/100W
・最高温度:316度
・スマート機能:・温度調節を可能にしたデジタル温度調節(ETC)機能搭載でグリル庫
内の温度を標数値でキープ
・温度確認、調理順をガイドするWeber Connect搭載アプリを使って
手元で確認
蓋付き: 熱が対流し均等に食材に火が通る
鋳鉄製の焼き網: 蓄熱性が高く、食材にキレイな焼き目をつける。ホーロー加工で掃除
も簡単
・LEDディスプレイ:一目でグリル庫内温度を確認可能
・グリーストレイ:引き出し式、ドリップパンを差し替えれば完了

・販売価格:¥59,990(税込み)
・サイズ:H 33cm/W 60.5cm/D 53.5cm
・発売場所:・Weber公式サイト/Weberストア
・石井スポーツ店舗(一部)/ヨドバシカメラ店舗(一部)/ヨドバシ.com
・Amazon
・楽天

公式ホームページ
https://www.weber.com/JP/ja/

文/中山 圭
【Profile / 中山 圭】
東京都立川市出身。広告代理店、出版社2社での広告営業を経て2019年に独立。趣味はルアー釣り、カメラ、音楽(ベース)。学生時代に始めたバス釣りで、2年もの間釣れなかったことから、ルアー釣りにのめり込むことに。ここ数年はバラした70cm以上のGTを追い求めて、南の島遠征を繰り返している。将来の夢は風景写真で入賞を果たすこと。モットーは、“釣果と景色は足で稼ぐべし”。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプ・アウトドア特集2021

    キャンプ・アウトドア特集2021

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.