× CLOSE

モノポールテントのデメリットを解決 ライトとテーブルで快適度アップ!

ポールを有効活用してモノポールテントの居住性がさらにアップ!

「DOPPELGANGER OUTDOOR(R)(ドッペルギャンガーアウトドア)」の2017年新作として、モノポールテントのポールを有効活用するライトとテーブルが登場する。それが、「リモコンUFOライト」と「ワンポールテントテーブル」だ。

20170203_tokoro_do_001

グランピングの流行やSNS映えを意識したキャンパーも増えたことで、ナチュラルテイストの大型テントが人大人気だ。そのなかでも、モノポールテントは形状のかっこよさや扱いやすさ、居住性の高さから注目を集めている。

しかし、モノポールテントは構造上、設営時にポールが中央部に位置するため、ランタンやテーブルを設置しづらいという悩みも。こうした不便さの解消に向け、ポールを製品の中央に挟み込む、いわば短所を長所に逆転する発想でアイテムを考案。

リモコン付だから天井が高いワンポールテントで便利!

20170203_tokoro_do_004

「リモコンUFOライト」は、固定道具不要でポールに取り付け可能、モノポールテントの照明に最適なLEDランタン。リモコンを付属させることで、寝袋に入ったままでの光量調節や、天井が高い大型テントでの利用も可能だ。

20170203_tokoro_do_008

暖色系のLEDは4段階で光量の調節が可能だ

光源を4ヶ所に配置することによりポールの影がテント内に出にくいよう工夫。テントの大型化のトレンドをふまえ、最大光量を従来品の2倍に設定し、とても明るくなっている。

20170203_tokoro_do_010

リモコンは紛失防止のために本体に収納可能。ポールの対応直径は15〜36mm

テント内スペースを有効活用、大人数で囲めるダイニングテーブルに

20170203_tokoro_do_011

「ワンポールテントテーブル」はポールを挟み込むように設置することのできるキャンプ用の円卓。家族で囲める直径90cmの大型設計なのもポイント。

20170203_tokoro_do_013

高さの調節もできる

磁石で半円のテーブルを結合させる構造なので設置や撤収もラクちんだ。

20170203_tokoro_do_018

磁石の結合によりポールをしっかり挟み込める

20170203_tokoro_do_015

分離させても使えるので、サイドテーブル代わりにもなる

20170203_tokoro_do_019

2段に重ねて棚にするのも便利だ

商品詳細

【ブランド名】DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)
【製品名】リモコンUFOライト L1-502
【カラー】ブラウン
【サイズ・重量】(約)直径200×高さ40mm、(約)414g(電池含まず)
【明るさ・連続点灯時間】弱:100ルーメン・15時間、中:158ルーメン・8時間、強:200ルーメン・3.5時間
【その他仕様】電源:単3電池×4本、材質:ABS樹脂
【付属品】取扱説明書、リモートコントローラー、グリップ調整用ゴムパッド
【希望小売価格】オープン価格(税別参考価格:3,400円)
【製品ページ】http://www.doppelganger-sports.jp/product/l1_502/

【ブランド名】DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)
【製品名】ワンポールテントテーブル TB6-487
【カラー】ブラウン×ベージュ
【サイズ】展開時:(約)直径900mm×高さ約295mm/350mm/415mm
収納時:(約)W900×D450mm×H100mm
【重量・静止耐荷重】(約)4.45kg(付属品含む)、20kg
【材質】フレーム:アルミニウム、天板:MDF
【付属品】取扱説明書、収納袋
【希望小売価格】オープン価格(税別参考価格:9,000円)
【製品ページ】http://www.doppelganger-sports.jp/product/tb6_487/


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 外遊びにはやっぱりスニーカー

    外遊びにはやっぱりスニーカー
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.